4歳よりピアノを始める。
12歳より東邦音楽大学総合芸術研究所、研究生として在籍。
 F・ジャキーノ氏の勧めにより、15歳で渡仏。
パリ・エコール・ノルマル音楽院、ピアノ科コンサーティストディプロマ取得、研究課程修了。室内楽科高等演奏家ディプロマ取得。
パリ国立高等音楽院ピアノ科を満場一致の最優秀の成績で卒業。
7年間のフランス留学を経て帰国。
 F・プーランク国際ピアノコンクール(1999)にてプーランク作品優秀賞、フランス、サン・ノム・ラ・ブルテッシュ国際ピアノコンクール(2000)にて最年少優秀賞を受賞。
 パリ、サル・コルトーでのソロリサイタル、A・コルトー記念演奏会、その他スペイン、アメリカ等、欧米各地での演奏会に出演。ソロのみならず、室内楽奏者、伴奏者としても幅広く活動し、工藤重典氏をはじめ多くのアーティストとの共演や、村田健司氏主催「アトリエ・デュ・シャン」のピアニストを務める他、フランスの音楽と文学をテーマにした金原礼子氏(声楽家、フランス文学者)とのコンサートにも取り組む等、共演者からも厚い信頼を得ている。
 酒井健治作曲「Domaine lumineux」を献呈され初演。
 ピアノを石橋礼子、藤井一興、F.ジャキーノ、M.ベロフ、E.ル・サージュ、D.パスカル、室内楽をM‐P.ソーマ、D.エルリ、I.ゴラン、T.パラスキヴェスコの各氏に師事。

- Profile -

Top page

Concert 

Blog

長崎麻里香 Marika Nagasaki